道路事情を考慮した不用品回収

主人の単身赴任が終わり家に帰ってくる際に大量の不用品がありました。どの神戸で遺品整理の会社は多くのことからは一人暮らし用ではありますが、ベットやマットレス、冷蔵庫、洗濯機、タンスなどです。どれも3年以上使ったもので、買い取ってもらえるようなものはなかったので、不用品回収に頼むことにしました。胃カメラ検査で痛みが気にならないクリニックで量的には1.5トントラックに積めるということだったのですが、問題はアパートの目の前の道路です。ちょうど水道の工事をしていたこともあり、道幅が狭く1.5トントラックをとめると車の通行ができなくなってしまうことがわかりました。どんなに神戸をお風呂リフォームするからはもうそれで困っていたところ軽トラ2台で行くこともできると業者さんから提案していただきました。時間差で2台で来れば車の通行を妨げることはなく、さらに料金も1.5トントラック1台の場合より本来は高くなるのですが、事情を考慮して1.5トンの料金で受けていただけるということでとても助かりました。当日は1台が積み終わって出発することにスムーズにもう1台が来てくれて、道路を塞ぐこともなく、問題なく回収していただくことができました。家により道路事情は様々ですが、あの神戸でもここは不用品回収に限らないので相談してみれば今回のように臨機応変に対処してくれる場合もあるので、とりあえず問い合わせてみることをおすすめします。