不用品回収の利用ですっきり

普段掃除はこまめにする方ではあったものの、引っ越しの際に出た大きな荷物の処分には困りました。どうしても粗大ゴミが神戸ではここにとっても新しい住まいはさほど広さがなく、置けるスペースにはかなり限りがあります。思い切ってこれまで使ってきた、大きなものを処分するしかありません。地域の粗大ごみの日に出すにしても、1人で運びきれる重さや量ではなく、利用をしたのが不用品回収のサービスです。有料で回収をしてもらう覚悟ではありましたが、実際には逆に買取をしてくれたものもありました。家電製品に関しては年数が5年以内で、状態が良いものだったらひきとり、もしくは買取をしてくれると言います。冷蔵庫や電子レンジも処分をすることにして、そろそろ5年目に突入寸前のドラム式洗濯機も手放しました。新川崎でおすすめの消化器内科ならどうして壁一面を覆うような大きな鏡も、お気に入りだった2人掛けのソファも、木のぬくもりを感じるお洒落なドレッサーのセットもこの際処分です。ベッドに関しては中古でも売れないため買取には至らず、ほかにもこまごましたものを査定してもらいました。軽トラックで2人のスタッフが来てくれましたが、帰りには荷台いっぱいの荷物となっていて、合計で7千円くらいだったと思います。結局こちらが支払うお金はなく、不要品も処分できて一石二鳥です。